近隣に富久長取扱い店のない方のために、酒類のインターネット販売を行っています。ただし未成年者には販売できませんのでご注意ください。
ホーム マイアカウント お問い合わせ

 富久長を愉しむ

お酒の種類も愉しみ方も千差万別。だからこそ逆に、富久長をおいしく飲んでもらう方法というものがあるのではないかと考えます。ひとつの愉しみを深く追求すれば、酒の世界がより広がって見えてくることでしょう・・・


 富久長をおいしく味わう
富久長のお酒に興味を抱いて下さってホームページをご覧いただいているお客様のために、「富久長をご堪能いただくためにこのような楽しみ方をお勧めします」ということをお話しようと思います。

我々は富久長しか造っていませんから、他蔵のお酒についてはよく分かりません。同じ飲み方を他のお酒で試されても、ピッタリはまることもあればまるっきり的外れのこともあるでしょう。日本全国さまざまお酒があり、ガツンと迫力のある力強さが持ち味の銘柄もあれば、水のように淡麗なお酒もあります。すべてを十把一絡にできるはずがありません。まさに日本酒の懐の広さ、奥深さですね。
 お酒の味わいとは
「お酒をおいしく飲むにはどうしたらいいの?」こんな質問をよく耳にします。
 
雑誌や書籍、あるいはインターネットなどでもいろいろと情報が流れていますが、実際のところ「よくわからない」のが本音ではないでしょうか。「よい酒は冷やして飲むものだ」「いや、温めてうまいのが本当の酒だ」「そんなことはない、真価を発揮するのは常温だ」などと、人によって意見が千差万別、正反対のことがそれぞれマコトシヤカに語られているのですから、訳が分からず思考停止してしまいます。
 
しかしこれは当たり前のこと。同じ「日本酒」ではあるけれど、それぞれ蔵によって、銘柄によって、理想とする酒のかたちが違うのですから。また、飲む人の嗜好によってどんなお酒をよしとするのかも違います。
すべての意見が「間違っていない」というのが実際のところで、言わば酒屋万流ならぬ呑み手万流といった感じでしょうか。
 
ならば呑み手の好き勝手にすればよいのかという話になり、ある意味その通りではありますが、「富久長はこのように飲んでもらったらおいしく召し上がっていただける」ということはございます。なぜならそのようにお酒を造っているからです。お酒の理想像が明確になればなるほど、その飲み方も幾分か集約されてくるのですね。
とは言え、日本酒という飲み物自体に適応力がありすぎると申しましょうか、どのように飲まれてもそれなりにおいしく感じられてしまうのですが・・・
 繊細でやわらかいお酒
あまり出しゃばらず、きめの細やかな味わいを感じるお酒でありたいと富久長は考えています。
口に含んだときに旨味や酸味がドンと押し寄せてくるようなインパクトの強いお酒もおいしいですが、飲み進めているうちにその力強さに疲れてしまうことがあります。それよりは、押し出しはあまり強くないけれど、だんだんと体に馴染んでくるようなお酒が理想ではないかと。
 
その理想を追求していくと、繊細なお米の旨みをふくよかに感じさせながらも滑らかで舌触りがよく、飲み込んだあとに余韻を残しつつも雑味が引っかからない、すなわちキレのよいお酒に行き着きました。
理想とするお酒の像は出来上がっても実際にお酒として作り上げるのは難しく、仕込みの一本一本が試行錯誤の連続です。
 
以前富久長は「香りの高いお酒」として認識されていたことがあります。しかし実は「香りの高さ」を求めた故ではありません。お米を洗い、蒸し、麹ででんぷんを糖化させて酵母により発酵させる、そういった酒造りの基本的な技術を高めようとした結果、香りの高いお酒になっていたのです。実は日本酒の香りというのは、モロミ中のブドウ糖が多いほど高くなります。ブドウ糖の量はどれだけでんぷんを糖化できるかにかかっていますから、すなわち麹の力量が直結します。つまりまずは一番大事と言われる麹の技術を磨いたのですね。
 
その後も原料の処理から瓶詰め、貯蔵に至るまで試行錯誤を繰り返し、まだまだ途上ではございますが、繊細でふくよか、やわらかくキレのよい理想のお酒になっていると感触を得ています。
ですから富久長をお楽しみいただく折には、そのような繊細なお酒として扱い味わっていただきますと、持ち味を最大限に発揮できるものと考えております。
 極端な温度は嫌います
お酒を楽しむのに意外と重要なのがお酒の温度です。富久長はそれなりに香りのあるお酒なので、冷やして飲むことをお勧めすることが多く、またお客様でもそのように考えて下さる方が多いようです。
ただ、この「冷やす」というのが意外に厄介です。常温で飲むのを「ひや」と呼んだり、そもそも常温というのが何度くらいなのかもよく分かりません。結果的に「要するに冷蔵庫に入れて冷やせばいいんじゃないの」となってしまいます。
 
富久長はキリッとした辛口のお酒ですから、冷やしてのど越しを楽しむのは正解です。しかし極端に冷やしすぎますと、持ち味である繊細な旨みや滑らかさは真価を発揮できません。苦味が口に残るように感じられますし、香りも立ちません。
冷やしすぎたからといって極端に不味くなって飲めなくなるようなことはありませんが、全体のバランスが崩れてしまいます。水っぽく感じるといいますか、ちょっと勿体ないですね。口に入れるとひんやりする程度の冷やし加減がちょうどよいかと思います。
 
日本酒は冷やすだけではなく、温めても楽しめるお酒です。富久長は吟醸酒のイメージが強いせいか、「冷やして飲まなくてはいけない」と思われているようですが、そんなことはありません。
お燗にすると味わいの角がとれてまろやかになりますので、富久長のやわらかさが強調されてとてもおいしく飲んでいただけます。「純米吟醸 中汲み槽しぼり」は富久長のラインナップ中最も香りの高いお酒のひとつですが、ぬるめのお燗につけてやるとまろやかな風味が広がって、それはそれはおいしいものです。「香りの高いお酒は冷やして」と決めつけず、ぜひ一度はお試しいただきたいものです。
 
ただしこれもまた熱しすぎは禁物です。熱燗にしてしまいますと荒れた味わいになってしまい、富久長の持ち味である繊細さもまろやかさも失われてしまいます。温度が高まるほど辛く感じますから、もともと辛口でキリッとしている富久長はピリピリと辛く薄っぺらいお酒になってしまうのです。これでは勿体ないですね。
 
お燗のおいしい温度というのは外気温や飲む人の体温によって変わってきます。やかんにお湯を沸かして食卓に準備しておき、その中にお酒の入った徳利を出し入れするのが一番簡単で確実です。実際に味わいながら最適の温度を探してみますと、温度によってこんなにもお酒の表情が変わるものかと実感していただけるでしょう。
 
富久長は繊細な酒質ですから、極端に冷たかったり熱かったりすると持ち味が失われます。また冷凍庫に入れたり強火力で沸かしたりといった急激な温度変化も嫌います。
しかし逆に、その点にだけ注意していただければ、様々な楽しみ方に適応できる懐の広さを持っています。意外なようですが、富久長は繊細な味わいであるにも関わらず、しっかりとしたお酒の骨格を持っているので、少々のことで崩れたりしません。
 グラスで味わいが変わります
日本酒を楽しむとなると容器が重要です。
普通、お酒を飲むには備前焼など土もののどっしりとした猪口を思い浮かべる方が多いですが、こういった酒器はそれこそどっしりとしたお酒に向くようで、細やかな味わいの富久長にはベストかどうか。雰囲気もさることながら、飲み口も変わってくるのが不思議ですね。
 
冷やして富久長を楽しまれるのであれば、むしろグラスの方がお勧めです。ワインと違ってクルクル回す必要もなく、お酒が手の中にある方が収まりがよいので、柄のあるワイングラスやシャンパングラスよりむしろ小さめのビヤグラスくらいがよいでしょう。切子のガラスなどは見た目にも涼しげですね。あまり薄手のグラスだとお酒の温度が変わりやすいので、ある程度しっかりしたものがよいでしょう。ただ反対に、ひんやりした心地よさを手のひらに感じながらお酒を味わいたいならば、洒落た薄手のグラスをチョイスするのも正解です。このあたりはそのときの気分や雰囲気で選ばれてはいかがでしょうか。

しかしそれより何より重要なのは、手にしたときの感触です。手に馴染む酒器というのはそれだけでお酒をおいしくしてくれます。何気なく杯をとりお酒を口に運ぶと、富久長のまろやかなおいしさがいっぱいに広がり、余韻を残しつつ消えていく。酒器を通して身体がお酒と一体になったかのような充足感。お酒と対峙するのではなく、気づくとお酒と馴染んでいる。
富久長にはそのような楽しみ方が似合うと考えています。
 
一方お燗の場合にはグラスという訳にはまいりません。悪くはないのですが、グラスは涼やかな印象を与えるものが多いので、温めたお酒にはいま一つ不向きですね。
お燗の酒器となりますと個人の好みが強く出るので難しいのですが、特においしく飲むためということならば磁器の杯をお勧めします。なるべく薄手で容量のあまり多すぎない杯がよいでしょう。温めているため少量でも香りが立ちますし、杯や猪口にお酒が残っていると冷めて味が変わってしまいますので、一口で飲めるくらいがちょうどよいのです。
 
薄手の磁器をお勧めするのは、お酒の温度を手に感じやすいことと、表面が滑らかでお酒が引っ掛かりなく滑り落ちることが理由です。また凛として清潔感があるのもよいですね。俗に「人肌燗」と言われますようにお酒と体温にそれほど差がなく、場合によっては手のぬくもりでお酒を温めたりします。磁器の杯ならばお燗の醍醐味である温かさを直に感じられるとともに、ふくらみを増す富久長のまろやかさを存分に味わっていただけることでしょう。
そういえばきき酒に使うきき猪口(蛇の目猪口)も磁器ですね。
 
酒器につきましてはいろいろな楽しみ方がありますが、富久長としてお勧めするグラスなども今後ご紹介できればと考えています。
 これからも百試千改
富久長を最大限楽しむにはどうすればよいか。
 
これまでおいしいお酒を造ることに傾注してきましたが、一番大切な「楽しみ方」についての研究が疎かになっていたような気がします。「お酒の特徴をお伝えすれば、お客様が好きなように楽しんで下さるだろう。」こんな風に、日本酒の持つ懐の広さに甘えていたのではないか。富久長誕生100年を前にして、自戒の念を抱いております。
 
「富久長」の酒銘をいただいた三浦仙三郎翁の座右の銘は「百試千改」。
酒造りは百試千改。
お客様の喜びを追求するのも百試千改。
 
今後は皆様とともに富久長の楽しみ方をもっと追求し、皆様にご提案していきたいと考えています。もちろんお客様により満足していただくために、理想を高く持ってよりおいしいお酒を製造してまいります。