富久長共通

富久長のリキュール

富久長では瀬戸内の恵みである柑橘類を活かしたいと考え、清酒のほかにリキュールを製造しています。日本酒とは全く違った魅力あふれるリキュールは、発売より多くのお客様に親しまれております。

我々のリキュールにかける想いや姿勢などについてお話します。「富久長のリキュールが好きだ」と言ってくださるお客様はもちろん、「富久長の日本酒が好きなのであって、リキュールにはあまり興味がない・・・」という方にも読んでいただけましたら幸いです。

目次


リキュールの愉しみ

富久長のリキュールはベースのお酒に果汁を加えて味を調えたシンプルかつ飲み飽きのしないお酒です。むしろカクテルと呼んでしまってもよいかもしれず、愉しみ方も日本酒とは大いに異なります。 我々のリキュールに込めた想いや飲み方のご提案をお伝えすることで、リキュールの愉しみがもっと深く大きくなれば嬉しいです。

我々の目指すリキュール

最近では酒蔵の作ったリキュールが数多く販売されていますが、今田酒造がリキュールに取り組み始めたのはかなり初期の段階でして、右に倣って他所の真似をした訳ではありません。 しかし梅酒がブームになっているときでもあり、どうしてもそのように受け止められてしまうのは仕方のないところです。

だからこそ、流行りに乗ったような商品設計だけはしないと心に決めていました。

真においしいものであれば、ブームが去ってからも必ず生き残るはず。物珍しさや目新しさで売れるのではなく、むしろそのあとで選ばれ残っていくようなリキュール。それはリキュールへの取り組みを始めたときからの大前提です。 ですからブームの梅酒は初めから一度も候補にあがっていません。

また、あくまでも本業は日本酒造りだということも忘れないよう心掛けています。 リキュールを製造するにあたって、どうしても日本酒と設備の取り合いになります。こうなったときに影響が出るのは間違いなく日本酒の方。なぜならリキュールの方がフレーバーがずっと強く、リキュールに日本酒の味が多少混ざってもそれほど大きな影響は与えませんが、逆に日本酒の中にリキュールが少しでも入ってしまうとすぐに分かってしまうからです。同様に繊細な日本酒造りの最盛期に香りの強いリキュールを詰めるというような事態も避けなくてはなりません。

そのため富久長のリキュールは、あくまでも日本酒の醸造に悪影響の出ない範囲で生産しています。将来的にそれが軌道に乗ったときに安定供給できないようではお客様に迷惑をかけてしまいますし、また日本酒としての富久長ファンにも申し訳ないことになってしまうでしょう。そういった事態を避けるために、自らの軸足がどこに乗っているかきちんと心に留めて、可能な範囲で生産するようにしています。

しかし量的に制限したとしても、質的な妥協は決してしません。それではリキュールを作る意味がなくなってしまいますから、高品質と独自性を求める姿勢だけは変わりません。できるかぎり広島産の素材を用いるのももちろんそのひとつですが、他にもお客様に見えないところで努力は欠かさないつもりです。

またベースとなる酒には、日本酒メーカーとしてやはり日本酒を使いたいところ。しかしリキュールとしての良さを日本酒がスポイルしてしまうとなれば、他のアルコールを用いることも辞さない覚悟で取り組んでいます。リキュールの世界は想像以上に深く、日本酒をベースとすることに捉われすぎてしまい最上のおいしさを逃してしまっては、お客様の信頼と期待を裏切ることになってしまうのです。

我々はおいしいもの、本物を作る。

これが目的です。「日本酒メーカーがリキュールも作っている」のではなく、「日本酒メーカーとして一流、リキュールメーカーとしても一流」になりたいのです。そのために日本酒の酒蔵であるメリットは活かし、デメリットは排除し、少しでもおいしく富久長にしか作りえないリキュールを製造していきたいと考えています。

愉しみ方いろいろ

今田酒造が製造するこれらのお酒は税法上リキュール類に入るのですが、一般に売られているリキュール、有名なものですとコーヒーを基にしたカルーアやオレンジのコアントローなどとはかなり趣きが異なります。甘さも密度もこれらのものよりずっと低く、アルコール度に関しては8度程度にしてあります。ですから、リキュールグラスで舐めるように飲むものではなく、むしろ低アルコール酒、またはビールのように飲んでいただく商品です。

  飲み方の一番のオススメはロックです。たっぷりしたグラスに氷を入れていただくと、爽やかにいくらでも入ってしまうという感じです。ただ、温度が下がるため香りは立ちにくいですし、甘さも感じにくくなります。少し冷えたくらいがおいしいので、氷の量はお好みで加減してください。

  冬の寒い時期でしたら、お湯割りなどはいかがでしょう。温かくやわらかくやさしく、ホッとする飲み物となります。あまり薄めるとボディ感がなくなってしまいますが、いろいろなバランスをお試しください。

  もちろんストレートもおいしいです。ストレートと呼ぶほどのアルコール度数ではありませんし、冷蔵庫でよく冷やしておいてそのままキュッと飲んでいただくのがよいかと思います。口当たりがよいのでついつい飲みすぎてしまいがちですが、それでもアルコールは6〜8度台とビールと同じか少し強いのでお気をつけください。

  他にもソーダで割ったり、苦味がもう少し欲しければトニックウォーターで割ったりするのも楽しみの一つです。レモンやオレンジを輪切りにしてデコレーションすれば、ご自宅でも簡単にカクテル気分が楽しめます。いろいろと試して、オリジナルの飲み方を工夫してみてください。

取扱いのご注意

富久長のリキュールは高品質の柑橘類をそのまま使っているため、どの商品も果汁成分が非常に多くなっております。ゆずを用いた製品には香り成分を多く含むオイルのリングが液面に浮かび、また他の柑橘類も繊維質や果皮果汁成分が沈殿・混濁・浮遊することがございます。これらはすべて本物の素材を用いている証ですので、よく混ぜてお召し上がりください。

柑橘類はどれも日光に当たると退色し、また温度変化などにより香りや味も変化しやすいものです。光の当たる場所や高温を避け、保存は冷暗所にてお願いいたします。

リキュールは日本酒に比べアルコール度が低く、酵母などが入りますと瓶内で発酵する恐れがございます。特に酸味が少なく甘み成分が非常に多い『温州みかん酒』では特に注意が必要となります。開栓後は冷蔵庫などで保管の上、なるべくお早目にお召し上がり下さい。

キーワードで探す

グループから探す