富久長共通

白麹純米酒 海風土(sea food)ブルー

販売価格
1,500円(税込1,650円)
内容量
購入数
富久長の蔵がある広島県安芸津町は、牡蠣をはじめとする魚介の宝庫。
地元の海が育む美味しい食材を使った料理、特に洋風のお料理にももっとあうお酒をつくりたい。

そんな思いから、レモンなどの柑橘を思わせる酸味の爽やかなお酒を醸しました。
秘密は白麹です。
ただ、通常の「海風土(シーフード)」とは少し違うアプローチもあわせて行なっているので、総酸度は高いのですが、まろやかな酸が強いので、やわらかく美味しい仕上がりのになっています。

一般的な日本酒に比べて酸度が高いので、白ワインの感覚でお楽しみください。
冷やして活きる酸味なので、ぜひ冷やしてお召し上がりください。
飲み方としましては、ソーダを少し加えていただくと、爽快感が増して非常においしいです。

キリッとした酸味と日本酒らしいやわらかな後口で魚介類の生臭みを洗い流してくれます。
食中酒として魚介類のお料理とマリアージュされるのがオススメですが、トマトやお肉、チーズなどとの意外な組み合わせもお試しください。

両面のラベルで、お酒を通して裏からも楽しめます。


なお、この商品は精米歩合70%の『純米酒』です。
レモンなどの柑橘をイメージさせる味わいなのでラベルにレモン等の絵が描かれておりますが、原材料にレモン等は使用しておりません。リキュールではございませんので、お間違えのないようお願いします。

数量がそれほど多くないので、万が一売り切れの際はご容赦願います。

「dancyu」2019年3月号に掲載されました。

キーワードで探す