富久長共通

富久長×サタケ 扁平精米純米酒

在庫状況 欠品中
容量
購入数
-
精米の技術革新は、精米歩合から形状へと進化しました。

吟醸酒造りを精米の分野から大きく発展させたのが株式会社サタケです。
サタケが新しく開発した扁平精米機による60%の精米歩合で、酒造りに不要とされる原料米のタンパク質を、従来の40%精米と同等程度まで減らすことができるようになりました。

あまり米を削ることなく高精白のお酒と同等の酒質が得られるとなれば、正に酒造の革命と呼べる新技術です。

この新技術が初めて紹介された2018年に、いち早く手を挙げて清酒製造を行なったのは富久長だけ。
つまり今のところ、サタケの扁平精米のお米で醸されたお酒は日本で唯一この商品だけです。

試験醸造としての側面が強いので、432kg仕込みと少量しか生産できませんでしたが、日本酒の未来を垣間見ていただければ幸いです。

キーワードで探す